ご挨拶

WERIDE三宅島エンデューロレース2020
及び親子サマーキャンプの開催中止について

東京都三宅島三宅村長 櫻田 昭正

 昨年は、第10回の節目となりましたWERIDE三宅島エンデューロレース及び親子サマーキャンプを無事に終了することができました。バイクイベントとして着実に成長してきている事に、ライダーの皆様に改めて感謝申し上げます。
さて、先月の5月25日に国の緊急事態宣言が解除され、三宅村も少しずつではありますが日常を取り戻しつつあります。
しかし、新型コロナウイルス感染症にはまだまだ充分な警戒が必要です。現在の三宅村には村営の診療所は一つしかなく、感染が疑われた際の検査・治療を行うための本土医療機関への移送手段も限られております。そのような脆弱な医療基盤により参加者の安全確保が困難であることや、村民の高齢化が進んでいる現状を踏まえますと、島内において罹患者が出た場合、短期間で蔓延することが予想されます。また、重篤化する患者が多く出ることを非常に危惧しております。
さらに、東京都が示す「新しい日常」を踏まえますと、本イベントを開催することが困難であることから、今年度のWERIDE三宅島エンデューロレース2020及び親子サマーキャンプを中止することに決定いたしました。
本イベントの開催を楽しみにしていた皆様には大変申し訳ございませんが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

三宅島スポーツ振興会 理事長 井澤 幸男

ライダーの皆様におかれましては、新型コロナウイルスに羅患されることなく、次回開催の折には、三宅島の自然を満喫しにご来島いただきたく存じます。新たな企画を用意して、島をあげてお迎えさせていただきます。
東京から180㎞離れた島で、ワレ(あなた)が来るのをお待ちしています。

 

 

 

令和2年6月15日
東京都三宅島三宅村長 櫻田 昭正     
特定非営利活動法人 三宅島スポーツ振興会 理事長 井澤 幸男