WERIDE 三宅島

三宅島噴火災害からの復興の起爆剤として、2007年から開催されている「WERIDE 三宅島」。 バイクファンのためのこれまでにないユニークな観光振興策として、島を挙げて取り組んでいく イベントです。

毎年8月に親子サマーキャンプ、11月にエンデューロレースを開催しています。

このイベントが目指すものをわかりやすく表したキャッチフレーズが、「WERIDE」です。バイク(RIDE)を使った島おこしに、三宅島の島民が「みんな(WE)でチャレンジしていく」こと。 そして、島民だけでなく、日本中、世界中のバイクファンが「みんな(WE)で創っていく」、 「みんな(WE)で応援していく」イベントであるという想いが込められています。

「ウィライド」と読みます。
矢印は、「私たちが(は)」という自ら行う意志の強さと、「今までにない」先進的な内容を表しています。 このロゴには、将来的には世界的なモーターサイクルイベントして発展させていきたいという願いも 込められています。

復興に向けて確かな歩みを続ける三宅島で、WERIDEしましょう!

WERIDE三宅島 エンデューロレース
WERIDE三宅島 親子サマーキャンプ